スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Σ.Lupinus#10【道化師】




Σ.Lupinus#10
【道化師】


20170213100034ea7.jpg


2017022120490818d.png






作・演出
さのそらち



出演
稲木晃浩
かがまみ
佐々木知花
髙橋秀太朗
戸田拓郎
舩木詩子



スタッフ
照明 倉内怜
音響 510
美術 舩木詩子



日時
5/5(金) 19:00〜
5/6(土)13:30〜/19:00〜
5/7(日)13:00〜/18:00〜



場所
北池袋新生館シアター
東武東上線北池袋駅から徒歩1分



チケット
当日・前売り(一般) 2500円
学生(高校生以下) 1500円



チケット予約方法

s_lupinus@yahoo.co.jp


宛に、

①お名前(カタカナ)
②連絡先電話番号
③観劇希望日時
④券種(一般or学生)
⑤枚数

を明記の上、送信してください。
劇団からの返信をもって、予約完了となります。
上記のメールアドレスを受信できる設定にしてください。




___________________


時を奏でる時計台
大理石の大広間
響き渡る靴の音
パントマイムの物語
素顔隠す仮面から
笑顔あふれる物語
君に伝える想い乗せ
心に響けと祈り舞う
響く靴音高らかに
指先足先滑らかに
君の笑顔が見たいから
僕は笑顔で舞い踊る

想いは必ず
伝えてみせる


__________________


きっとどこかにある世界

3年前、突然定められた法律によって無くなった伝統、道化師。
その道化師に似たピエロが城下町に現れた。
ピエロの謎を追う学者と、
街一番の小さな靴屋の店主。
2人と道化師、ピエロの関係は…?

___________________




Σ.Lupinus第10回記念公演として、
旗揚げ公演【道化師】を再演!

Σ.Lupinusのファンタジーの原点を、
今まで積み重ねてきた空間演出によって
より幻想的な物語に…!

ぜひ、
Σ.Lupinusの世界へ。






スポンサーサイト

Σ.Lupinus出演者募集について




Σ.Lupinus出演者募集について



Σ.Lupinusでは次回公演に出演してくださる方を募集しています。


詳細は下記の通りです。







募集…役者、男女各1名ずつ(大学生〜30歳前半)


公演日…平成29年3月4日、5日


公演場所…中央線沿いの小劇場か、池袋近辺の小劇場
※中央線沿いの場所は、杉並演劇祭に出場予定


稽古場…西東京市公民館(最寄り、西武池袋線ひばりヶ丘駅・西武新宿線田無駅)


稽古日…基本毎週土曜日。週一で休日、祝日に設定。秋ごろから、徐々に稽古日を増やす予定。※出演者の都合で稽古を組みます。


活動費…15,000円


チケットバック…あり。1枚から。1枚につき、300円バック。


応募にあたって…
s_lupinus@yahoo.co.jp
宛に
①お名前
②年齢
③性別
④連絡先電話番号とメールアドレス
⑤応募理由
を送信してください。


その他…他劇団の出演OKただし、Σ.Lupinus公演の3ヶ月前の期間での出演はNG。その他の都合は要相談。交通費は実費。募集締め切りは、6月いっぱいまで。





以上




Σ.Lupinusのストーリーは、ここではないどこかにきっとある世界。
絵本のようなファンタジーです。
パントマイムでの身体表現が特徴で、舞台装置はシンプルな空間演劇を得意としています。
ここではないどこかにきっとある世界をリアルに演じ、情景や環境を身体表現で創造するなど、役者となれば、やりがいを感じられると思います。
また、初心者の方、お仕事をされている方など、大歓迎です。
ぜひ、興味を持たれた方は、Σ.Lupinusへいらしてください。
お待ちしております。


Σ.Lupinus
制作担当より



連絡先
s_lupinus@yahoo.co.jp










#9【雪降海】 無事終演しました!



みなさま本当におひさしぶりです。

#9【雪降海】作・演出さのそらち

でございます。
ご無沙汰していてすみません。
#9は公演情報しか更新していなくて、本当にすみません。
稽古は結構やっていたのですが、ブログさぼっていました…。
さて仕切り直して!

先日、Σ.Lupinusの9回目公演
【雪降海】ゆきふるうみのものがたり
がおかげさまで無事終演いたしました!

これもいつも支えてくださっているみなさまのおかげでございます。

本当に感謝しています。

ありがとうございます。

さて、今回は客演さんを1名呼んで、残り3名はΣ.Lupinusの顔なじみメンバーで公演を打ちました。
今回はこの客演さんが大活躍で(主演で)、本当にΣ.Lupinusを救ってくださいました。
普段であれば、ブログで紹介しているところですが、紹介もなにもなく申し訳ないです。

客演さんは 大林亮太 さんです。
とてもナチュラルに、テナー役を演じてくださいました。

素朴な雰囲気の中に流れる独特の空気感に、劇場もいつのまにか染まってしまう…そんな力のある役者さんです。

IMG_0814.png


だがしかしたかし。
Σ.Lupinusメンバーも負けてませんよ!笑

いつものメンバーも今回の作風を大切にしながら真摯に望みました。

FullSizeRender_2016022222255128b.jpg


さて、今回の#9のこだわりといえば・・・
舞台美術です。
いつもは床にテープを貼るというスタンスですが、
今回は、上にこだわってみました。
題材が


だったので、


をイメージできるものを吊ってみました。
これが意外と美しく。
世界観をかもしだしてくれました!
お客様にも好評いただきました!!

FullSizeRender_20160222221929443.jpg

5



今回はしっとりした雰囲気でありながら、深いテーマを取り上げた脚本でした。

観に来てくださった心を少しでも揺さぶることができていれば幸いです。

なにか、どこかに、響いてくれることを願っています。

人間は。
人間は都合のいい生き物です。
都合のいい生き物で、どうしようもないのですが。
いいのです。
生きてさえいれば。
都合よくても。





Σ.Lupinus#9【雪降海】
アンケートよりお客様の感想を紹介します。

*とても短く感じられるくらい集中してみることができました。

*本当に本当によかったと思いました。また来ようと思います。

*救いのあるお話しで、つらかったことが消えました。来てよかったです。ありがとうございました。

*テーマがおもしろくのめり込んでしまいました。

*深いテーマの題材の見せ方がおもしろかったです。ラストのセリフ、解釈いろいろありそうで…見た方のお客さんの意見を聞きたくなりました。

*ポエムか哲学か…よかったです。

*シンプルな舞台でしたが、パントマイムや人が位置を移動することで場面に移動していて面白いと思いました。また、上についている蛍がきれいで最後の蛍の道が特にきれいでした。

*なにもない空間での広がる世界すてきでした。

*大道具や小道具がないのに海の中にいるような気分になりました。Σ.Lupinusのみなさんの演技力、演出力は素晴らしいと改めて思いました!

*この人たちは地上?空気のあるところ?に出て、どんな存在になるのでしょう。水の中の魚にとっての、大気の中の動物にとっての、空中の天女など。存在の不思議を感じたのと、現代の社会のメッセージを感じました。

*すてきなファンタジーです。パントマイムも音楽もすてきでした。

*いろいろなところで工夫されているのが印象的です。自然と人間、かかわり方って難しいですね。

*さのそらちさんらしいですね。あくまでも想像の中での物語ですが、歩む道を踏み外すと現実の世界になるのではと創造させる。マイナスの世界からの希望の脱出の先にあるのは輝かしい未来であってほしいですね。






IMG_0796.png


FullSizeRender_2016022222201104c.jpg


FullSizeRender_2016022222190794e.jpg



起きてたみたいでなによりだ。
あまりにも丸まって動かないから
寝てしまったのか
はたまた石化したのか
それとも氷漬けにされたのかと思ったよ

ホタルを捕まえたついでに、君も捕まえておこうと思った。
ただそれだけだ。


都合よく生きよう。

ともに。





Σ.Lupinus#9 【雪降海】


Σ.Lupinus #9

【雪降海】


IMG_9014.jpg


作・演出
さのそらち


出演
大林亮太
舩木詩子
戸田拓郎
髙橋秀太朗


スタッフ
照明 倉内怜
音響 高橋誉実(劇団STARTc)
美術・衣装 舩木詩子
制作 加我真美


日時
2016年
2月20日(土)
14:00~
19:00~
2月21日(日)
13:30~
18:30~



場所
北池袋新生館シアター
東武東上線北池袋駅から徒歩3分


チケット
当日・前売 2000円
学生(高校生以下) 1500円


チケット予約方法


s_lupinus@yahoo.co.jp


宛に、

①お名前(カタカナ)
②連絡先電話番号
③観劇希望日時
④券種(一般or学生)
⑤枚数

を明記の上、送信してください。
劇団からの返信をもって、予約完了となります。
上記のメールアドレスを受信できる設定にしてください。





――------------




イルミネーション、ネオン街
ホタルの光は煌々と
魚の鱗は爛々と
雪は真上にしんしんと
お空にたまってこぼれてく
白く儚いからはなく
光を静かに放つたげ
わたしは天を仰ぎみて
蝕むささやき聴いている
このままここでなにもせず
とどまり静かに朽ちていく
淡い光と混じり合い
濃紺の地へ落ちていく
人間は
人間は都合のいい生き物だ
都合のいい生き物だ



――--------------



きっとどこかにある世界
海で暮らす人々の物語
人間と
ホタルと
魚たち
バランスの取れた生態系は
人間の都合で壊された

ここで朽ち果てる道
ここで生き抜く道

それぞれの考えが交錯する
時は止まらず刻み続ける
魚は姿を消し
ホタルが海を埋め尽くす


#8【砂漠船】無事終演しました!





みなさま、こんにちは。
Σ.Lupinus第8章【砂漠船】作・演出さのそらちでございます。

#8砂漠船の公演が無事!終了しました!

ありがとうございました!

ご来場いただきました皆様
支えてくださった関係者の皆様
役者のみなさん…

本当に本当にありがとうございました!!!

今回も奇跡的に、たくさんの方々の応援を受け、支えられ、公演を打つことができました。

今回はたくさんの出会いと喜びがありました。

そうです。客演の3人との出会いです。

5人中3人が客演ということで、Σ.Lupinusの特殊な演出について来られるかどうか心配な面もありましたが、そんな不安はすぐになくなりました。

小高くんはたくさん舞台を踏んでいますし、Σ.Lupinusと同じ空間演劇団であるガラ劇さんに出演経験があるということで、問題なし。
お笑い芸人のTOYの2人は、初舞台とあって心配でしたが、ダンス経験を生かして見事身体表現をこなしてくれました。

本当にこの3人に感謝です。

また、Σ.Lupinusのメンバーの2人も、パントマイム指導や黒子の動きの指導などなどいろんなところで作品を支えてくれました。ありがとう。



さて、今回の公演はいかがでしたか?

公演も終わったことですし、ここでちょこっと作品のお話しを・・・

この砂漠船はΣ.Lupinus第3章に行った砂漠船の再演でした。
物語や砂漠船という設定が好評な作品でした。
それをまた公演できたこと、とても嬉しく思います。

やるからには前回を越えなくては

という思いで取り組みました。

様々な状況を体で表現する。
渦や海、砂などなど…
めまぐるしく変わる状況を表現するのは難しくでも楽しかったです。
どうやったらお客様に創造して貰えるだろうか…
わかりやすいこと。だけど単純じゃないこと。
そして美しいことを目標に表現を考えました。

たくさんのお客様に 渦が見えた とても綺麗だった と言ってもらえました。
とても嬉しかったです。

ここにはないきっとどこかにある世界

を創造してもらえるよう、Σ.Lupinusは挑戦し続けます。

ぜひ次回もご来場いただけたらと思います。
今後も応援をよろしくお願いいたします*

ここではないどこかの世界で、お会いできることを楽しみにしております・・・。


作・演出 さのそらち






Σ.Lupinus#8【砂漠船】
お客様からいただいた嬉しいお言葉をご紹介します!


*ファンタジーな世界観と道具類なしの表現、ぴったはまってる音楽、全て好きです!

*砂漠の海っていうシチュエーションが想像力を働かされて面白い

*泣ける~~~。目がうるうるしました。感動しました。

*蓄光の星がきれいでした

*優しいあたたかい気持ちになりました。

*仲間の大切さ、きずなの強さを感じました。何も道具がないのに演技力だけで凄かったです

*異世界を想像しながら観ていました

*動きの立体的な構成がとてもよかったと思います。

*暗くなり、広がる星、別世界に連れてってもらいました。また連れてってください。

*自分では考えもしないような世界へ連れて行ってもらえるのが嬉しいです!

*話に惹きこまれ…あっという間でした!

*動きで、いろいろな現象や道具、場所を現しているのがおもしろく、すごいなあと思います。

*ストーリー、演技、全体本当によかったです!

*場面の情景が想像で目に浮かぶような表現がとても良かったです。

*動きが多くて、とても楽しかった。

*引き込まれました

*脚本・演出・音楽ともに素敵で、みなさんの演技に引き込まれました。

*物語の世界観と、演出、演技、音楽が合っていて、ずっと楽しく見れました。他の作品も観てみたいです。

*向きを変えたり、空いている役者がドアの役割をやったり、みたことない感じでした。楽しかったです!




________________


砂漠がとぐろを巻き
水がたつまきとなって
砂漠に飲み込まれていく


砂漠の先に
 なにがある


つまさき、あしくび、ふくらはぎ
少しずつ少しずつ
石のように硬く重くなっていく体を感じながら
この先のことを考える


砂漠の先に
 待つものは


砂漠の世界に吸い込まれ
あたたかい砂に埋もれてく

指先を光に伸ばして
わたしはぬくもりをつかみとる




____________




星が輝く舞台
幻想的だと好評でした!



北!北に向かってください!
私の大好きなステラマリスに!


Σ.Lupinus特有の身体表現!



アンドロメダ座は変ホ長調
オリオン座はヘ長調
私の大好きなステラマリスは、変イ長調!










sidetitleプロフィールsidetitle

Σ.Lupinus

Author:Σ.Lupinus
"ここではないどこかにきっとある世界"
“心をゆさぶる物語”をテーマに活動している演劇集団。
アニメーション映画や絵本のようなファンタジーテイストの作風と、パントマイムでの表現が特徴で、観る者の想像力と感情をゆさぶる演劇を創造している。
東京(西東京市)を中心に活動中。

sidetitleリンクsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFc2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。