スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#9【雪降海】 無事終演しました!



みなさま本当におひさしぶりです。

#9【雪降海】作・演出さのそらち

でございます。
ご無沙汰していてすみません。
#9は公演情報しか更新していなくて、本当にすみません。
稽古は結構やっていたのですが、ブログさぼっていました…。
さて仕切り直して!

先日、Σ.Lupinusの9回目公演
【雪降海】ゆきふるうみのものがたり
がおかげさまで無事終演いたしました!

これもいつも支えてくださっているみなさまのおかげでございます。

本当に感謝しています。

ありがとうございます。

さて、今回は客演さんを1名呼んで、残り3名はΣ.Lupinusの顔なじみメンバーで公演を打ちました。
今回はこの客演さんが大活躍で(主演で)、本当にΣ.Lupinusを救ってくださいました。
普段であれば、ブログで紹介しているところですが、紹介もなにもなく申し訳ないです。

客演さんは 大林亮太 さんです。
とてもナチュラルに、テナー役を演じてくださいました。

素朴な雰囲気の中に流れる独特の空気感に、劇場もいつのまにか染まってしまう…そんな力のある役者さんです。

IMG_0814.png


だがしかしたかし。
Σ.Lupinusメンバーも負けてませんよ!笑

いつものメンバーも今回の作風を大切にしながら真摯に望みました。

FullSizeRender_2016022222255128b.jpg


さて、今回の#9のこだわりといえば・・・
舞台美術です。
いつもは床にテープを貼るというスタンスですが、
今回は、上にこだわってみました。
題材が


だったので、


をイメージできるものを吊ってみました。
これが意外と美しく。
世界観をかもしだしてくれました!
お客様にも好評いただきました!!

FullSizeRender_20160222221929443.jpg

5



今回はしっとりした雰囲気でありながら、深いテーマを取り上げた脚本でした。

観に来てくださった心を少しでも揺さぶることができていれば幸いです。

なにか、どこかに、響いてくれることを願っています。

人間は。
人間は都合のいい生き物です。
都合のいい生き物で、どうしようもないのですが。
いいのです。
生きてさえいれば。
都合よくても。





Σ.Lupinus#9【雪降海】
アンケートよりお客様の感想を紹介します。

*とても短く感じられるくらい集中してみることができました。

*本当に本当によかったと思いました。また来ようと思います。

*救いのあるお話しで、つらかったことが消えました。来てよかったです。ありがとうございました。

*テーマがおもしろくのめり込んでしまいました。

*深いテーマの題材の見せ方がおもしろかったです。ラストのセリフ、解釈いろいろありそうで…見た方のお客さんの意見を聞きたくなりました。

*ポエムか哲学か…よかったです。

*シンプルな舞台でしたが、パントマイムや人が位置を移動することで場面に移動していて面白いと思いました。また、上についている蛍がきれいで最後の蛍の道が特にきれいでした。

*なにもない空間での広がる世界すてきでした。

*大道具や小道具がないのに海の中にいるような気分になりました。Σ.Lupinusのみなさんの演技力、演出力は素晴らしいと改めて思いました!

*この人たちは地上?空気のあるところ?に出て、どんな存在になるのでしょう。水の中の魚にとっての、大気の中の動物にとっての、空中の天女など。存在の不思議を感じたのと、現代の社会のメッセージを感じました。

*すてきなファンタジーです。パントマイムも音楽もすてきでした。

*いろいろなところで工夫されているのが印象的です。自然と人間、かかわり方って難しいですね。

*さのそらちさんらしいですね。あくまでも想像の中での物語ですが、歩む道を踏み外すと現実の世界になるのではと創造させる。マイナスの世界からの希望の脱出の先にあるのは輝かしい未来であってほしいですね。






IMG_0796.png


FullSizeRender_2016022222201104c.jpg


FullSizeRender_2016022222190794e.jpg



起きてたみたいでなによりだ。
あまりにも丸まって動かないから
寝てしまったのか
はたまた石化したのか
それとも氷漬けにされたのかと思ったよ

ホタルを捕まえたついでに、君も捕まえておこうと思った。
ただそれだけだ。


都合よく生きよう。

ともに。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

Σ.Lupinus

Author:Σ.Lupinus
"ここではないどこかにきっとある世界"
“心をゆさぶる物語”をテーマに活動している演劇集団。
アニメーション映画や絵本のようなファンタジーテイストの作風と、パントマイムでの表現が特徴で、観る者の想像力と感情をゆさぶる演劇を創造している。
東京(西東京市)を中心に活動中。

sidetitleリンクsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFc2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。