スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Σ.Lupinus #7【帆船瓶】 公演終了!



みなさま、こんにちは。
Σ.Lupinus第7章【帆船瓶】作・演出さのそらちでございます。

#7帆船瓶の公演が無事!終了しました!

ありがとうございました!





ご来場いただきました皆様
支えてくださった関係者の皆様
役者のみんな

本当に本当にありがとうございました!!!

たくさんの方々の応援を受け、支えられ、公演を打つことができました。

また、今回は空間演劇祭【劇  祭】に参加したことにより、今までΣ.Lupinusを観たことのない人たちにも観ていただくことができました。とても嬉しく思います。




今回の公演はいかがでしたか?

ここでちょこっと作品のお話しを・・・


Σ.Lupinusの作品はファンタジーです。
ファンタジーといっても幅は広いですよね?
ふわふわしたものから、しとしと、どっしりしたものまで・・・


さのは、白と黒という色で作風を分けています。


見終えた後に「あ~優しい気持ちになった~」というような、明るく、ぽわわ~ん、という気持ちになる作品を【白】

逆に、スリリングで重量感があり、お話しに重みのあるような、熱く、ずっしりとした作品を【黒】

と分けています。



#7【帆船瓶】は、【白の世界】でした。

悪者も出てこない。ジェットコースターのような、展開ではなく。メリーゴーランドや観覧車のような世界・・・。
どこか、遠くの。私たちのまだ知らない世界のお話。
絵本のような、おとぎ話のような、やさしい奇跡の物語でした。


みなさまがこの作品を通して、ほっこりしていただけていたら幸いでございます。


今回は60分という短いお話しでしたが、役者4名は常に舞台に立ち、Σ.Lupinusの空間を彩ってくれました。

実は今回のメンバー4名は、最強メンバ-なのです。
過去Σ.Lupinusの公演の主演を行ったメンバーなのです。
そして何より同期なのです。

日頃の他愛もないじゃれ合いが、4人の団結力を生み出し、抜群の調和となり、美しい旋律を奏でた舞台でした。「
「さすがΣ.Lupinus!」とお褒めの言葉をいただくこともできました。とても嬉しかったです。



暑いなか、また大変お忙しい中、観に来てくださった皆様
わたしたちを支え、力となってくださったスタッフの皆様
わがままをたくさん聞いてくださった劇場関係者の皆様
空間演劇祭【劇  祭】に誘ってくださった、劇団ロオル様、ガラ劇様
そして、帆船瓶の世界に命を与えてくれた役者の皆様

本当に本当に・・・
ありがとうございました。


また、いつか。
ここではないどこかの世界で、お会いできることを楽しみにしております・・・。



作・演出 さのそらち












Σ.Lupinus#7【帆船瓶】
お客様からいただいた嬉しいお言葉をご紹介します!

・絵本のようにやさしく綺麗な作品でした。言葉ひとつひとつからイメージするのが楽しかったです。おしつけないセリフ回しが良かったのかな。パントマイムも良かったです。

・海の香りがしました。幸せになりました。

・素敵な空間でした。

・ギャグとメルヘンの融合。Σ.Lupinusファンタジーの真骨頂といった感じでした。海、泡、砂、風をイメージした衣装、素敵でした。今回は音楽も印象的でした。

・淡い風景画を見た優しい気持ちになりました。

・舞台、今回もシンプル、そしてきれいでした!衣装もきれいでした!ステキ!スキ!世界観がステキ、大好き。

・どこか南の島の海辺の近くにいるような錯覚を覚えました。皆様の呼吸がピッタリ合っているのはサスガだなと思っています。さわやかな気持ちになりました。毎日が奇跡の連続というのは本当にその通りだと思います。

・ポスターの絵の意味が最後にわかりました!!見終わったあとで、ほっこりあたたかい気持ちになりました。

・さわやかなHAPPYENDでよかったです。

・美しい動きに魅せられていました。

・いつものようなファンタジーな世界観で、毎回思うのですが、私の好みドストライクです!

・おもしろくて、温かい感じがしました。名言がいくつかあって、奥深いものを感じました。奇跡を信じたいなと思います。

・希望あふれる作品で観劇者の気持ちが明るくなる公演でした。

・身体の使い方がとてもきれいでした。やさしい物語であったかい気持ちになりました。

・みなさんの公演どんどん入り込んでしまって楽しいです。また見にきます。

・いきいき、キラキラしてて、とても楽しかったです!明日から仕事がんばれそうです。楽しかったー!空間の使い方もステキだと思いました。




たくさんおご意見、ご感想、ありがとうございました。
今後の参考とさせていただきます。





_______________


赤い屋根で白い壁

黄色の扉に青い窓枠の小さな家

白い砂浜に緑の森



きらきらはねる水しぶき

青い目をした渡り鳥

じりじりぎらぎら太陽の下

あなたとわたしは旅をする



ターコイズ色の水平線

白のヨットの帆はなびき

次の島へと旅にでる。




わたしとあなたとふたりで。



どこまでも。
いつまでも。



ふたりで一緒に旅をする。





Σ.Lupinus #7 【帆船瓶】
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

Σ.Lupinus

Author:Σ.Lupinus
"ここではないどこかにきっとある世界"
“心をゆさぶる物語”をテーマに活動している演劇集団。
アニメーション映画や絵本のようなファンタジーテイストの作風と、パントマイムでの表現が特徴で、観る者の想像力と感情をゆさぶる演劇を創造している。
東京(西東京市)を中心に活動中。

sidetitleリンクsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFc2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。