スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#1019-20

ここここんばんはー!
#6雨模様 作・演出 さのでございますー!
ブログジャンケンいっつも忘れてしまうー。。。なんてこった。
ということで、さのが今週も活動報告をいたします!おつき合いくださいませ。

ささ。
いよいよ役者が揃ってきました。
こっからですよ。
こっからー、ー本腰をいれて演出する時期になりました。
さのの重たい腰が、よいこらせっと持ち上がりました。
よし。そろそろ出番だな、と。
といのは、つまり第二段階に進んだということなのです。

第一段階は、とにかく立ち稽古をして雰囲気をつかむ。
流れをつかむ。
黒この動きをつける。
というざっくりしたものです。
頭をフル回転させて、さのの頭の中の理想を形にすべく、その型取り作業をしました。
ぬりえをする時、色を塗る前に外枠を色鉛筆で塗る。そんな作業に似ています。
その段階を得たらいよいよ色を塗っていきます。
中央から徐々に外に広がるようにして塗って行く。
これが第二段階です。

第二段階は、気持ち、感情を意識した細かい演出になります。
さのの感覚では、演出というより、指摘の作業。思考させる作業と言った方がしっくりきます。
細かい動きの指示や、言い回しなどの演出は、ほとんどしないからです。

さのの演出は、「なぜそうした、なぜこう言った、なぜそう動いた」という役者の問いかけが多いのです。
役者の動きは、何を表しているのか。
キャラクターとの矛盾はないか。
動きや台詞回し、気持ちがその場面に適した表現になっているか。
相手の立場、自分との関係、相手気持ちを汲んでいるか。
しっかり想像、想定しているか。何が起こっているのか、環境を把握しているか。
演出席で役者をただ観ているだけで、これらが全てわかります。
さのは、役者に問いかけ、役者に考えさせ、役者にできる方法で表現させます。
これが、一番気持ちの入った、気持ちの伝わる方法だと思ってるからです。

日曜日は、いままで手薄だったシーンを久々に行いました。
案の定、役者はセリフが出てこず悪戦苦闘。
今の現況を把握すること、今後の手だてを考え、自分にできることはなにか。
何をしなければならないのかを考えるんだぞ。と、さの久々に熱く語りました。そして、説教しました。
ええ。本当に第二段階は、丁寧に進みます。

役者がいままで個人で考えてきたキャラクターや物語を表現するだけでなく、さらに他のメンバーやキャラクター、物語、様々な視点から自分(キャラクター)を考え見つめ直し、成長して行く時間になります。
よりいっそう真剣に向き合う時間となるのです。
そして役者にとって、その時間が何よりも楽しく、また悩ましいものになるのです。
いよいよ。
本当にいよいよという感じです。

役者にとっても、演出さのにとっても、大切な時間になります。
そしてこの積み重ねが、お客様の心を揺さぶるものになると信じています。
今回も熱くて震える物語にします…!
Lupinus一同、がんばります!!
#6雨模様の詳細は、コチラです…。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

Σ.Lupinus

Author:Σ.Lupinus
"ここではないどこかにきっとある世界"
“心をゆさぶる物語”をテーマに活動している演劇集団。
アニメーション映画や絵本のようなファンタジーテイストの作風と、パントマイムでの表現が特徴で、観る者の想像力と感情をゆさぶる演劇を創造している。
東京(西東京市)を中心に活動中。

sidetitleリンクsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFc2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。