スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#0131


毎度毎度活動報告が遅れまして、本当にすみません…!

1月最後の活動は31日木曜日でした。

1月31日木曜日の担当は、作・演出 さのそらち でございます。
よろしくお願いいたいします。

さて、この日のメンバーは、殺陣四剣士と、音響のハリーでございました。
殺陣四剣士は、成田・戸田・篠崎・佐々木です。

この4人がそろうと、とにかく殺陣やるかってなります(笑)

この日も、殺陣の調整を細かくしつつ、
部分稽古を行い、気持ちや動きを確実にしていきました。

また、この4人は、キャラクターでない動き(「黒子」と呼んでいます)が多く、
その確認もしました。
4人が息をそろえてパントマイムのシンクロをする…。
さのの得意とする演出です。
さまざまなところで、この「黒子」が登場します。
時にシリアス、時にコミカル・・・。
舞台が更地だからこそできる演出だと思っています(笑)
Σ.Lupinusの見どころでございます。
ぜひ、注目していただければと思います。

さて、いよいよ今週末が本番になります。

先日は、当日を想定したゲネを行いました。

今回は役者が舞い飛び跳ねます。
今日は筋肉痛かな?笑
3日間続くのかと思うと、きっと役者はきっと…。

しかし、お客様は一度きりの公演。

我々にとっては、○回目でも、お客様にとっては最初で最後なのです。

1度にかける想いを大切に、そして、この作品を行えなくなるというカウントダウンを胸に、Σ.lupinusのメンバーには頑張っていただきたいですね!


さあさあ。

まだまだお席が空いております。
お客様がまだまだ少ないのが、Σ.Lupinusのネックなところです…。
公演を見て、また見たいとおっしゃってくれるお客様がいらっしゃいましたら、
リピーター割引もご用意しております。
ぜひ、ご利用くださいませ。



さて、
ここからはさのの雑談です…

とある小説の最後にこう書いてありました。


【もしもあなたが映像作家になりたいなら、映画黎明期の白黒サイレント映画を観よ、
とあらゆる教本はいう。それらの映画は、色がなく音がない。
しかし、カラフルな色彩感と、ささやかさと壮大さを併せ持った音響感覚に満ち溢れている。
「ない」ならば、「ある」もので演出し、読者の想像力で映し出す、鳴り響かせる。
つまり、「不利」を「武器」に変える。
その技術と努力とが、白黒サイレント映画の中にある。
そこから学び、現代のハイ・オディオビジュアル化した映像の中で活かすことは、
今もって、いや今こそ、大きな価値がある。】


この文章は、結構励みになりました。
Σ.Lupinusがしていることはまさにこのことだと感じたからです。
「ない」ものを「ある」もので演出し、想像力で映し出す。
Σ.Lupinusの特徴である、パントマイムは、まさにこれだと思いました。
ないものを作り出し、想像力をかきたてる…。

そんな公演になることを目指しています。

ぜひ、会場にて、想像することを楽しんでいただけたらと思います…。


∑.Lupinus第5回公演【山賊玉】の詳細は、コチラです!
予約方法など掲載されています。


また、チケット予約状況はコチラから確認できます!





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
sidetitleプロフィールsidetitle

Σ.Lupinus

Author:Σ.Lupinus
"ここではないどこかにきっとある世界"
“心をゆさぶる物語”をテーマに活動している演劇集団。
アニメーション映画や絵本のようなファンタジーテイストの作風と、パントマイムでの表現が特徴で、観る者の想像力と感情をゆさぶる演劇を創造している。
東京(西東京市)を中心に活動中。

sidetitleリンクsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFc2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。