スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#0117



みなさま、ご無沙汰しております!
#5【山賊玉】作・演出さのそらち でございます。
1月17日木曜日の稽古日誌担当ですよ~。


さて、17日稽古は、なんと3人でした!笑

ピョウ役 成田さん
トウ役  戸田くん

そして演出さのでございます。

寂しい人数ですが、きっちり細かく演出ができました。
ピョウとトウは、仲良しこよしです。
なので、2人のシーンがあります。
2人で気持ちをそろえなければならないシーンが多々あります。
2人の意思疎通が大切なのです。
何もいなわくても
言葉がそこになくても
わかりあえる。
そんな関係を築かなければならないのです。

これが、なんとも難しい。

平田オリザさまが、このようなことを言ってました…。

「人間わかりあえることなんてない。わかりあえない。人それぞれ違うからだ。違う人間同士が、その中で試行錯誤する(人間関係を構築する)ことが楽しくて、面白いいのだ。」

この言葉を聞いたとき、長いため息が出ましたね。
なるほど、これは面白いと思いました。

この言葉から考えると、ピョウとトウってすごい人達なんだって思います。
今日は、それを役者に求めた稽古でした。
わかりあえない動物なのに、わかりあっている…。
これって、一見簡単そうに見えて、難しい。

演劇だから、セリフであるから、そういう人間関係がドラマとして描かれているから。

そんな理由の演技だったら、誰にでもできる。
さのは、この2人にそれを超してほしいと思っています。
超させたいと思っています。

Lupinusのよいところは、CAST変動が少ないこと。

同じ人がほぼ毎回舞台に立っています。
つまり、我々はプライベートから親しいのです。

これを武器にしないでどうする。

役者個人の関係が即席じゃないこと。
これは本当に狂喜もの。
メンバーには、その重みと奇跡を感じて、生かしてほしい限りです。


本番まで残り約3週間…。
今、Lupinusにできること。
自分にできること。
やれることをやるっきゃない。
やるべきことをやるっきゃない。


みなさま
ご期待くださいませ。



DSC_9078.jpg

前々回かな?
よく見たら信号カラーだった男衆。
青ずくめが手にするは、西友の青袋
赤ずくめが手にするは、演出の赤バインダー
黄ずくめが手にするは、ハトサブレ紙袋








Σ.Lupinus最新作、∑.Lupinus第5回公演【山賊玉】の詳細は、コチラです!
予約受付もはじまってます。少しずつですが、席が埋まりつつあります。
予約はお早めに!また、40席限定とありましたが、1公演30席限定とさせていただきます。

チケット予約状況はコチラから確認できます!

みなさまのご来場をお待ちしております。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

Σ.Lupinus

Author:Σ.Lupinus
"ここではないどこかにきっとある世界"
“心をゆさぶる物語”をテーマに活動している演劇集団。
アニメーション映画や絵本のようなファンタジーテイストの作風と、パントマイムでの表現が特徴で、観る者の想像力と感情をゆさぶる演劇を創造している。
東京(西東京市)を中心に活動中。

sidetitleリンクsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFc2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。