スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月10日の稽古日誌

どーもー、こんにちばんこ!
11月10日 稽古日誌担当は…
#5山賊玉 レツ役 ささきちか でございます~O・_・O<よろしーく


11月10日土曜日は!

午前中、#5山賊玉の主人公であるリンの所属する山賊グループ【シャ族】のシーンを中心に立ち稽古をしました!シーン稽古を行うときに、演出から
「今、グループがどんな状況であるか。そしてキャラクターがどんな心情であるか。を考えてから、行うように」
という指示がありました。
それに対し、役者ひとりひとりが考え、その考えを発表し、全体(グループの状況やストーリー)を把握して、いざ稽古へ!
みんな稽古に入るまで、かなり悩んでる様子でした…。
「いざ、やるぞ!」ってなった時、今自分のキャラクターがどんな気持ちで、どんな状況であるかを整理整頓してから行う…。これは結構難しい作業だなと見ていて思ったし、自分も実際やってみると…「簡単なようで難しい」、「わかっているようで、わかっていない自分がいた。」ということを思い知らされました。
本当はサラっとやってのけなければならないことですが、お恥ずかしながらまだまだそんな状態ではなくて…。
話の流れを覚えておらず、あいまいで台本を見返さないと整理できないのです…。なんてこった。
こりゃあ、読み込みが甘いぞ…。キャラクターのこと考えてないじゃんか!…と、反省しました。川Orz
しかし
その反省と改善の過程において、発見がありました。
それは、追及していく面白さ・表現していく楽しさ、です。
演劇は(幅広く)奥深く…飽きないものだな、とわたしは思っているのですが…これもそのひとつの要因だなと思いました。常に考えること、発見すること、悩むこと、挑戦すること…他にもたくさんあるけれど、役者としてこれが楽しくて、好きなんだなあー…と最近、実感する稽古を送っています。
わたしにとっては充実した稽古なんだなあ。
他の役者さまはどう思っているか、感じているかはわかりませんが、自分たちにできるベストを尽くして、いい物語を創造したいという気持ちは同じだと思います!
そんな気持ちを込めたΣ.Lupinus山賊玉をぜひご覧いただきたいです!!!
∑.Lupinus第5回公演【山賊玉】の詳細は、コチラです!予約受付もはじまってます。チケット予約状況はコチラから確認できます。まだまだ公演日は先ですが、もう予約できるそうです!
また、制作スタッフさまも募集中だそうです!
わたしたちと一緒に素敵な物語をつくりませんか???待っています!


さて、なんだかエンディングのような雰囲気をつくりましたが(笑)
まだまだ終わりませんよ!だって、午後の話をしていないから!
はい。午後はと申しますと…
役者の人数がぐんと減ってしまい、何ができるのよ~状態に…。
稽古はできないけど、ワークショップはできるじゃないか!の演出家の一言によりまして…
「エチュード」開催(笑)
メンバーは、#5ザイ役 忍 、音響 ハリー、そして わたし。
の3人。
舞台上に2人、場所を設定され(今回は遊園地でした)、そので即興劇を作る。
途中でひとり抜け、最初に舞台に立たなかったもう一人がやってくる。
即興劇を展開する。さっき入ってきた人じゃない人(最初からいた人)が抜け、
最初に抜けた人が舞台上に戻ってくる…
の繰り返しで、オチがつくまで続ける。
というものをやりました!途中で衣装の舩木さんがきて、その様子を見ていたのですが…エチュードが終了したときに「もう一つの作品になってたよ!!よかった!まじで!」といっていただけました!
我々もなんともいえない手ごたえを感じていたのですが、はたから見ていてもそう感じさせたのであれば…

成功…か?

ストーリーを話すと長いので語りませんが(笑)、とっても勉強になったし、お互いになんだか成長したな~なんて思うようなエチュードでした!

エチュードが終了した後は、わたし、レツの衣装をつくりました!
みんなの協力を経て、とってもいい衣装ができましたよ!!
早くみなさまに見せたいですねO+___+O<楽しみにしててくださいな

DSC_1118.jpg
↑こ…これはいったい…?(笑)
答えは会場で!?

ということで、この辺でおひらきにしたいと思います。

お付き合いいただきありがとうございました~!それではまた!風邪などにお気をつけておすごしくださいませ!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

Σ.Lupinus

Author:Σ.Lupinus
"ここではないどこかにきっとある世界"
“心をゆさぶる物語”をテーマに活動している演劇集団。
アニメーション映画や絵本のようなファンタジーテイストの作風と、パントマイムでの表現が特徴で、観る者の想像力と感情をゆさぶる演劇を創造している。
東京(西東京市)を中心に活動中。

sidetitleリンクsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFc2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。