スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Σ.Lupinus#2 【雨模様】 Part.3

みなさまこんにちは。
さのそらちです+
Σ.Lupinusはおかげさまで、来年の2月で5年目を迎えます。
5年目を迎えるにあたってのブログ企画…
その名も…
過去公演紹介ブログです!!
わあああ!!!

前回は、Part.2ということで、針谷優紀さんのインタビューをご紹介させていただきました!今回も役者のインタビューバージョン!そしてPart.3でございます!

公演期間が、たった1日という幻の公演でしたが、雨模様の反響は想像以上に大きく、Σ.Lupinusの励みになった公演でした。
雨模様の役者は7名。7名全員がほぼフルで舞台を動き回る迫力のある作品です。
また雨模様は、本格的な舞台装置、タッパのある会場、手作りの衣装、小道具として大活躍した傘…。
Σ.Lupinusの当時生かせた技術もフルで発揮した作品です。

#2雨模様も、道化師同様に知っていただきたい…!!
みなさんに、もっともっとΣ.Lupinusのことを知ってほしい!!!

過去公演のことを振り返る方法として、出演者にインタビューという方法を選択しました。
知られざる真実や、秘話などなど…さまざまなΣ.Lupinusの面が見れるかもしれません!
このシリーズ楽しんでいただけたら幸いです+++


では、さっそく…。
#2【雨模様】


 フライヤー表 雨模様   フライヤー裏 雨模様


雨模様アルバム



Part.3

<#2 イワン・ダレン役 舩木詩子(ふなきうたこ) >

 ↓ダレン        ↓イワン(下はダレン(笑))
 P1020984.jpg   P1020994.jpg


作品を振り返り、あの時の気持ち、あの時のΣ.Lupinus 、
あの時を思う今の自分とΣ.Lupinus を教えてください…。

1)雨模様を公演することが決まった時の心境はどのようなものでしたか?

子どもの様に喜びました(笑)道化師の稽古後半から衣装スタッフで初参加して、いつかは自分も役者で参加したいと思っていたので、ホント、素直に嬉しかったです。
それに、演出のさのと同じ大学だったこともあって、さのが雨模様を書き始めた時からみんなより一足早く(笑)台本を読めてたので、興奮MAXでしたねぇ~(笑)



2)雨模様で演じたキャラクターの思い出はありますか?(苦戦したことや、身に付いたことなど、なんでも)
実は役者が足りなくて、私はイワンとダレンの2役だったんです。どちらも大好きなキャラクターなのですが、タイプが真逆だったんです…!イワンはガリ勉お坊っちゃまで純粋な男の子。ダレンはクールだけど江戸っ子的な熱さを持ってる男性。この2人の"差"を衣装という見た目以外の…えぇ、演技という表現の面で、お客様に混乱を与えないようにしなければいけなかったのが苦戦したことですね…。もともと地声が低くなくて、あの頃は発声もまだちゃんとやれてなかったからダレンの時に声が小さくなりがちでした。声で差がつくれないなら立ち振舞い(空気)でカバーするしかねぇ!!!と奮闘してました。そしたらさのにダレンの立ち振舞いがカッコいいと褒めていただけました。あの時は嬉しかったです(笑)
本番でも、お客様からダレンカッコいいと感想をいただきました。嬉しい限りですね(笑)
イワンは最初からツッコミ役という舩木が一番苦手としている"笑い"の部分を多く担当してました(笑)
笑いに精通しているさのさんや秀太朗兄さんにご指導いただきながら勉強しました。あと、イワンでフォックスとの絡みで、モーションのみで自然と笑いになってしまったシーンがあるんですが、そこが結構好評いただけました(笑)笑いは自然な反応が、時に自然と笑いを生むんだな、と勉強しました(笑)



3)雨模様という作品はあなたにとってどんな作品でしたか?
私の演劇人生のホントの意味でのスタート地点であり、作品です。
2役やって、8人分の衣装もやって、大道具作りから照明音響やら…。「舞台」というものに始めから最後まで、初めて携わった作品です。あの頃は自分たちがすごいなと思いました。役者だけでなく、スタッフさんも一丸となってΣ.Lupinusの雨模様を作ったように思えます。この作品がなかったら、きっとΣ.Lupinusはここまで公演を重ねることができなかったようにも思えます。
それだけ大切な作品です。
私個人としては、さのさんの舞台つくりに深く共感を持った舞台でもありました。特に衣装。イメージするのが楽しくて楽しくて!時々2人で衣装妄想して、暴走もしちゃいますね(笑)もー毎回毎回、さのさんのイメージを形にできるのが、衣装としてすごくやりがいです(笑)今回の山賊も楽しいんです。楽しくてしょうがない!(笑)



4)雨模様の稽古での忘れられないエピソードはなんですか?

忘れられない…ほどではないけど、稽古場で布広げて衣装の切り出しをしてたことかな(笑)1人で8人分の衣装で役者もやってたから稽古場には大体いつも裁縫道具を持ち込んでたなぁ。製作期間も2ヶ月位しかなくて焦ったなぁ(笑)


5)雨模様を自由に語ってください。
今思えば、みんな若かったなぁと(笑)けど、その勢いで何もかもが高いクオリティでつくれた舞台だったなと思ってます。
そして何よりΣ.Lupinusらしい作品です。メッセージ性が強いと言ってしまえばそれまでですが、雨模様はそれだけじゃない。本当に人に感動を与えられる作品です。
またいつか、再演できたら、ちゃんと公演日を作って皆さんに見てもらいたい!
雨模様はそんな作品です。

世のため人のため自分のため。
そのローテーションで世の中みんながハッピーだ。

ダレンのこの台詞はカッコいいなぁ~。
長くなりましたが、ここまでお付き合いくださりありがとうございました!
5周年、本当におめでとうございます!そしてありがとうございます!

P1040063.jpg

イワン・ダレン役
 舩木詩子





以上、Part.3 イワン・ダレン役 舩木詩子さんでした~+++
いかがでしたでしょうか?ヘタレキャライワンと、クールキャラダレンを器用に演じ分けること、かなり大変だったんだなーと感じました。舩木さん演じるダレンは、本当に人気で、ダレンでファンをかなり得たのではないかなと思います(笑)イワンは舩木さんもインタビューで言っていますが、つっこみを入れたり、ボケたり、怒ったり、恥ずかしがったり、ときめいたりと…とにかくめまぐるしく内情が変化していくキャラクターで、コロコロと変わる様を求めるため、何度も練習したり、やりながら試行錯誤したなー、と思い出しました。2役やる上に、面倒なキャラクター…、ふなきんぐ、さすがっす。笑。
また、衣装として本当に貢献してくれました!#1道化師の時から、衣装制作にも力を入れていただき、LUPINUSの世界観の手助けをしてくれました!#2の衣装については、またBreakバージョンでご紹介したいと思います、ぜひ楽しみにしていてください!(笑)


さて、次にご紹介するのは…


マーシャ役
 佐々木知花


P1040592.jpg
ダサい格好を写真に収めて!て言って撮った写真/格好より顔が…(笑)


ではでは、アップをお楽しみに~***

ありがとうございました~+++


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

Σ.Lupinus

Author:Σ.Lupinus
"ここではないどこかにきっとある世界"
“心をゆさぶる物語”をテーマに活動している演劇集団。
アニメーション映画や絵本のようなファンタジーテイストの作風と、パントマイムでの表現が特徴で、観る者の想像力と感情をゆさぶる演劇を創造している。
東京(西東京市)を中心に活動中。

sidetitleリンクsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFc2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。