スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は皆でカミカミでした。そう思います。


おはようございますこんにちはこんばんは。
五月二十五日(土)の活動報告を行ないたいと思います。

本日の担当は音響の忍(篠崎朋子)です。
はい。三度連続です。
そろそろ皆様この冒頭に飽きたのではありませんか。
本当に何度も何度も申し訳ありません。

あ。因みに今回は

忍「ブログどうしましょうか」→「どうしようか。…忍、やって?」

でした。
うふふ。次は一体どんな言霊で撃ち落とされるのでしょうね…ふふふ…。
具体的に予想を記事にすると実現しそうなのでやめておきます。

さて、いつも通り報告に参りましょう。



出席者は早抜けを含め
スタッフ2名
キャスト2名
でした。

今回の活動場所は(前回もそうだったのですが)動いたり大きな声を出せる空間ではなかった為、

・(軽く)発声
・一部ハジメマシテの御挨拶
・台本読み
  第6回公演『雨模様』
        キャストに合わせて部分抜粋×2/代役をたて、すべて×1
  第4回公演『飛行船』
        適当に

…と、以上のような活動内容になりました。

いやぁ、私、特にカミカミでした。「~られる」が言えないこと。
後、乙女を演じるのが本当に厳しいです…。
内心「うわあああああ」ってなります。台詞によってはもう表に出てます。

女の人を演じる場合、
きらきらした「うふふ、あはは」をやるよりも、
ぎらぎらした「うふふ、あはは」のほうが性に合ってるんですよね。
というか、そんな役ばかりをやっていたらこんな身体になってしまいました。
いいのですけれど。それが私の数少ない取り柄なので。

…おっと。少々長い徒事でしたね。失礼。



本日の報告は以上になります。
次回は担当、役者様方だったりするといいですねー…(遠い目)。

ここまでお付き合いいただき、有難うございました。
それでは、これにて。

音響の忍(篠崎朋子)でした。
スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

Σ.Lupinus

Author:Σ.Lupinus
"ここではないどこかにきっとある世界"
“心をゆさぶる物語”をテーマに活動している演劇集団。
アニメーション映画や絵本のようなファンタジーテイストの作風と、パントマイムでの表現が特徴で、観る者の想像力と感情をゆさぶる演劇を創造している。
東京(西東京市)を中心に活動中。

sidetitleリンクsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFc2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。